Apacheでのエラーページ対応

ホームページにアクセスした際にエラーが発生する時がある。
その場合にエラーページを独自の物を表示するようにするには、
設定をhttpd.confに書き込む。

エラーコード:
401
403
404
414
500

httpd.confの中にある、

が書かれている行を探す。
この例を元に、

として、コメントをはずした物を書き込む。
当然、404.htmlファイルを作ってドキュメントルートもしくは、URLでもファイルパスは書けるので任意の場所にアップしておく。
後は、apacheを再起動して、適当に存在しないURLでアクセスしてみて、404.htmlが表示されればOK。

これを使えば、全てのエラーを同じページに飛ばすこともできる。