Apacheのログフォーマット変数

ときどき必要になるのでメモ

フォーマット文字列 説明
%a リモート IP アドレス
%A ローカル IP アドレス
%B HTTP ヘッダ以外の送られたバイト数
%b HTTP ヘッダ以外の送られたバイト数。CLF 書式。 すなわち、1 バイトも送られなかったときは 0 ではなく、 ‘-‘ になる
%D リクエストを処理するのにかかった時間、マイクロ秒単位
%f ファイル名
%h リモートホスト
%H リクエストプロトコル
%l (identd からもし提供されていれば) リモートログ名。 これは IdentityCheck ディレクティブが On に設定されていない限り、 – になります。
%m リクエストメソッド
%p リクエストを扱っているサーバの正式なポート
%P リクエストを扱った子プロセスのプロセス ID
%r リクエストの最初の行
%s ステータス。内部でリダイレクトされたリクエストは、元々の リクエストのステータス — 最後のステータスは %>s
%t 時刻。CLF の時刻の書式 (標準の英語の書式)
%u リモートユーザ (認証によるもの。ステータス (%s) が 401 のときは意味がないものである可能性がある)
%U リクエストされた URL パス。クエリ文字列は含まない
%v リクエストを扱っているサーバの正式な ServerName
%V UseCanonicalName の設定によるサーバ名
%X 応答が完了したときの接続ステータス
%{環境変数}e 環境変数の内容
%{ヘッダー名}i リクエストに含まれるヘッダー名の値
%{ヘッダー名}o レスポンスに含まれるヘッダー名の値
%{format}t 書式化された時刻。