プロジェクト管理ツール RedmineをWindows環境にセットアップ

Redmineは、Ruby on Railsで記述された、オープンソース(GPL)のプロジェクト管理ソフトウェアです。

Redmine.JP
Redmine本家

プロジェクト管理ツールRedmineのセットアップメモ


ダウンロードするもの

  • Ruby本体
  • DBツール
  • SVN

railsとRedmineそのものはgemでインストール予定

  1. Rubyのインストール

    mswin版はいくつかありまして、
    とりあえず、簡単な「One-Click Ruby Installer for Windows」でRubyをインストールすることに。
    他にベースとなる「Ruby-mswin32」、
    ActiveScriptRuby」などがあるようです。
    Ruby本家のサイトのダウンロードページにリンクがあります。

  2. railsのインストール

    インストールしたRubyのメニューに「RubyGems Package Manager」があるので
    ここから以下のコマンドでrailsをインストール
    単なるDOS窓でもOKなはず(パスを変更するか、実行ファイルパスをフルパスかで)

  3. データベースのインストール

    Redmineの対応DBは、

    • MySQL 4.1 以上
    • PostgreSQL 8
    • SQLite 3

    なのでMySQL5.0.67を選択
    5.1がでてるようだけど、今使ってるのがこのバージョンなので

  4. subVersionをインストール

    http://subversion.tigris.org/servlets/ProjectDocumentList?folderID=91から
    Setup-Subversion-1.5.3.msi(2008/12/12時点)をダウンロードしてインストール

  5. フォルダを作ってrubyコンソールから redmineをダウンロード

  6. Redmineインストールフォルダのconfig\database.ymlを書き換える

    デフォルト設定が入っているので必要な箇所だけを書き換える。

  7. Redmineインストールフォルダのconfig\email.yml.exampleを書き換える

    email.yml.exampleをemail.ymlで保存する。
    必要な箇所を変更する。

    メールサーバーの設定で、SMTP-Authの設定をしていない場合は、下3行はコメントしておくこと。
    smtpサーバにgmailを使用する方法がのっていた
    Redmine(ruby)でGmailのsmtpを使ってメールを送信する – RX-7乗りの適当な日々

  8. データベースの初期設定

    次のコマンドをRedminインストールフォルダで実行する。

    エラーがなければ、これでデータベースにテーブルと初期データが追加されているはず。
    2行目を実行すると言語選択になるのでjaを選択すること

  9. Redmineの起動

    Redmineインストールフォルダで

    を実行します。
    ここでrailsのバージョンが古いのかエラーがでてrailsのアップデートを
    促される時があります。
    その場合は、メッセージ通りに

    を実行する。

RedMineのアップデート

trunkよりチェックアウトしてインストールした場合は、
Redmineのインストールフォルダに移動して、次のコマンドを実行します。

それからデータベースをバックアップして、マイグレーションを行います。

キャッシュおよびセッションの消去。

アプリケーションの再起動を行った後、”管理 → ロールと権限 → 権限”を開き、
新しく追加された機能に対する権限の確認・設定を行います。

追記
終了するキーを忘れるのでメモ
終了する際はcontrol+c