先日、PHPのインストールされているサーバでcmsを使うこととなり、-infoで見てみると「php-」がインストールされていないのでインストールしようとするエラーになる。
マイナーバージョンがあがっている所為かと思い、
PHPのアップデートをしようとしてもエラーとなってできない。
なんでかなと思い、現在のインストール状況を見てみるとこんな感じ

# rpm -qa | grep php
php-xml-5.5.11-1.el5.remi
php-bcmath-5.5.11-1.el5.remi
php-common-5.5.11-1.el5.remi
php-mbstring-5.5.11-1.el5.remi
php-cli-5.5.11-1.el5.remi
php-pgsql-5.5.11-1.el5.remi
php-gd-5.5.11-1.el5.remi
php-pecl-jsonc-1.3.4-1.el5.remi.5.5
php-process-5.5.11-1.el5.remi
php-5.5.11-1.el5.remi
php-imap-5.5.11-1.el5.remi
php-devel-5.5.11-1.el5.remi
php54-common-5.4.26-1.ius.el5
php-mcrypt-5.5.11-1.el5.remi
php-pecl-jsonc-devel-1.3.4-1.el5.remi.5.5
php-pdo-5.5.11-1.el5.remi
php-pear-1.9.4-23.el5.remi

なぜか、「php54-common-5.4.26-1.ius.el5」が入っている。
「php-common-5.5.11-1.el5.remi」もあるのに

以前、別の担当者が、PHP5.4から5.5へアップデートしたのだが、削除のしかたを間違えたのか??
しかし、これでも開発システムは動作している。

でも、このままでは「php-mysql」がインストールできない。
というわけで、一旦アンインストールし、再インストールすることとなった。

# yum remove php*

# yum install --enablerepo=epel,remi,remi-php55 php php-mcrypt php-mbstring php-gd php-pdo php-imap php-devel php-pgsql php-xml php-bcmath php-mysql

これで解決。しかし、どうやったら、5.4のcommonだけ残るような削除方法があるのやら。

カテゴリー: PHP