Hyper-VとNAT機能

にはNAT機能がありません。
以前、CentOS6環境を作った時は、固定IPアドレスで設定していました。
しかし、会社で利用するには、IPアドレスをなんぼでも割り振れるものではありません。
なので、「」をインストールしました。

利用しているOSはWindows8.1proです。

手順

1.「hdwwiz.exe」を検索して、実行します。

2.「ハードウェアの追加」のUIが表示されます。

img_2015-8-25_16-25-40_No-00

3.「一覧から選択したハードウェアをインストールする」を選択

img_2015-8-25_16-25-49_No-00

4.「ネットワークアダプター」を探して、選択。

img_2015-8-25_16-26-1_No-00

5.製造元を「Microsoft」、ネットワークアダプターを「Microsoft KM-TEST Loopback Adapter」を選択。

img_2015-8-25_16-26-18_No-00

6.次へいきインストールを完了させる

img_2015-8-25_16-26-27_No-00

img_2015-8-25_16-26-37_No-00

7.ネットワークアダプターの確認

すると、「Microsoft KM-TEST Loopback Adapter」を使用しているアダプターが追加されているはず
img_2015-8-25_16-34-59

8.Hyper-Vで「仮想スイッチマネージャー」から「外部」を選択し、「仮想スイッチの作成」の作成を行う。

img_2015-8-25_16-36-24

9.外部ネットワークのアダプター選択

アダプター選択で「Microsoft KM-TEST Loopback Adapter」を選択し、OKボタンを押下する。名前はご自由に
img_2015-8-25_16-37-1

10.VMマシンの設定-ネットワークアダプター設定

仮想スイッチを作成したスイッチを選択し、OKボタンを設定を完了させる。
img_2015-8-25_16-37-33

11.ホストマシンのネットワークアダプターから現在利用しているアダプターのプロパティを表示する。

共有タブを選択し、中にある「ネットワークのほかのユーザーに、このコンピュータのインターネット接続・・・」のチェックをつける。
「ホームネットワーク接続」の選択で「vEthernet(XXXXXX)」を選択する。(9で作成した仮想スイッチの名前になっている)
img_2015-8-25_18-19-18

12.仮想マシンを起動してインターネットに接続できるかを確認する。

これで固定IPアドレスを割る降ることなく、仮想マシンがネットワークに接続できます。